• 肌がきれいになりたい女性
  • 顔にクリームを塗っている女性
  • 鏡を見る女性とスキンケアをする女性
スキンケアをする女性

アゼライン酸とは、小麦や大麦など穀物の中に含まれる飽和ジカルボン酸という天然成分の一種です。
抗菌作用や男性ホルモン抑制作用、角化異常による毛穴のつまりを防ぐ作用、肌の新陳代謝を促す作用などがあり、ニキビ治療に効果があるとされています。
欧米やアジアなど世界80カ国でニキビ治療薬として認可され、30年前から使用されており、ニキビ治療に高い実績があります。
日本ではまだ保険適用にはなっていませんが、自費治療として皮膚科で処方を受けることができます。

アゼライン酸はニキビに対してどのように働くのでしょうか。
まずニキビができる原因というのは毛穴付近の角質が厚くなって毛穴をふさぎ、中に皮脂がたまることにあります。
皮脂分泌が過剰であればそれだけ皮脂がたまりやすくなるので、リスクは高まります。
詰まった毛穴に皮脂が詰まると、それをエサとするアクネ菌が内部で増殖し、炎症を起こします。
皮脂は空気に触れると酸化して活性酸素を発生し、炎症を悪化させます。
こうした段階を踏んでニキビは悪化していきますが、アゼライン酸はこのすべての段階に働きかける作用があります。
すなわち角質が厚くなって毛穴をふさぐのを防ぎ、過剰な皮脂分泌を抑制し、アクネ菌を殺菌し、抗酸化作用で活性酸素を防いで炎症を抑える、というわけです。
また、アゼライン酸は元々メラニンの生成を抑える働きがあることが知られており、美白用の治療薬として開発されていたものです。
したがって、ニキビ跡の色素沈着を改善する作用も認められています。

アゼライン酸は、酸といっても弱い酸なので肌に刺激が少なく、ディフェリンが肌に合わない人や妊婦さん、12歳以下の子供でも安心して使えるというメリットがあります。

また、アゼライン酸と同じように溜まった角質を落としアクネ菌の増殖を抑えるアダパレンという物質を使用したアダフェリンという薬や他にもヒトプラセンタというような薬もあります。
アゼライン酸が主成分の治療薬が肌に合わない方は試してみるといいでしょう。
ヒトプラセンタやアダフェリンの効果を通販でチェックすることもできるので参考にしてみましょう。